本文へ移動

【ネタバレ注意】博多大吉「余計なことかもしれませんけど…」 粋な一言に『カムカムエヴリバディ』視聴者泣き笑い

2021年11月24日 12時20分

このエントリーをはてなブックマークに追加
博多大吉

博多大吉

 NHK朝の連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」第18話が24日放送された。続きの枠で放送される「あさイチ」で恒例の「朝ドラ受け」が行われ、粋なコメントに反響があった。
 以下、ネタバレを含みます。
 空襲で祖母と母親を亡くした安子(上白石萌音)は、終戦後も悲しみから伏し続ける父・金太(甲本雅裕)を元気づけようとおはぎを手作りする。すると金太は目に光が戻り、焼け跡から秘蔵していた砂糖を見つけ、笑顔を取り戻す。
 「あさイチ」では冒頭、キャスターの鈴木奈穂子アナウンサーが「まだこちらも受け入れられないですよね、お母さんとお婆ちゃんのこととかね」と母親と祖母の戦死を悲しんだ。
 博多大吉は「みんなが無事で帰ってきますように」と祈った後、「余計なことかもしれませんけど、あのお砂糖が湿気ていませんように」と話し、出演者らを笑わせた。
 博多華丸は「水あめみたいになってる可能性はあるよね」と同調し、2人で場を盛り上げた。
 ネット上では「中の砂糖を心配する大吉さんに泣き笑いだよもう」「大吉先生~さすがだ。笑顔に変えてくれました」「とても素晴らしい受けを朝から有り難うございます ちょっと、立ち直りました」「朝ドラ受けでほんと救われる、大吉先生ありがとう」と秀逸なコメントに称賛と感謝の声が相次いだ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ