本文へ移動

サッカー、やり投げ、走り幅跳び… 来季プロ10年目の福谷、他競技を参考に効率のいい投球を目指す【中日】

2021年11月24日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ノックを受ける福谷=中日ドラゴンズ屋内練習場で

ノックを受ける福谷=中日ドラゴンズ屋内練習場で

 今季初の開幕投手を務めた福谷は現状維持の2900万円でサイン。プロ10年目の来季に向け、サッカーや陸上の選手動画を参考に、体の使い方を勉強していると語った。
 研究熱心な福谷にとって、どんな隙間時間だって勉強になる。「子どもを寝かしつけた後によく見てしまうんです」。野球の動画のみならず、その種目は多種多様だ。陸上のやり投げや、走り幅跳びなど、自身の投球に生かせそうなものには自然と目が止まるという。さらには「サッカーの動画も見ます」と明かした。
 ドリブラーの鋭い切り返しや、ゴールキーパーがどうやって素早くボールに反応しているのか。「結局、体重を効率良く移動させるのは同じ。その感覚を自分の体に落とし込めたらいいと思っています」。種目こそ違えど、効率のいい動きを目指す上で参考になるという。ゴール後に「サンバ」に合わせて踊る、横浜FCのFW三浦(愛称・カズ)のようなキレキレボディーを手に入れれば、本業のピッチングにも好影響となるはずだ。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ