本文へ移動

育てた米で日本酒造り 湖南・北島酒造で滋賀大生が仕込み体験

2021年11月24日 05時00分 (11月24日 05時00分更新)
杜氏(右奥)から説明を受ける学生ら=湖南市針の北島酒造で

杜氏(右奥)から説明を受ける学生ら=湖南市針の北島酒造で

  • 杜氏(右奥)から説明を受ける学生ら=湖南市針の北島酒造で
  • 吸水させた米を蒸し器に移す学生(左)=湖南市針の北島酒造で
 滋賀大の学生が二十三日、湖南市針の北島酒造で、日本酒の仕込み作業を体験した。午前と午後に計十一人の学生が参加。米作りから取り組んでおり、出来上がった日本酒は、来年二月上旬以降に発売を予定している。 (北村大樹)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

滋賀の新着

記事一覧