本文へ移動

死亡事故繰り返さない 津島東高前に点滅信号機

2021年11月23日 05時00分 (11月23日 10時55分更新)
点滅信号機のメインスイッチを入れる佐藤校長(手前)=津島市蛭間町の津島東高前で

点滅信号機のメインスイッチを入れる佐藤校長(手前)=津島市蛭間町の津島東高前で

 津島市蛭間町の津島東高校前にある横断歩道で二十二日、押しボタン式の点滅信号機の設置が終了し、稼働を開始した。二〇一九年十一月一日に、この横断歩道で自転車に乗った同校二年の女子生徒=当時(17)=が乗用車にはねられて亡くなる事故があり、同校や地元住民らが点滅信号機の設置を要望してきた。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

愛知の新着

記事一覧