本文へ移動

いちほまれ CM効果!? 21年産販売1カ月 売れ行き5割アップ

2021年11月23日 05時00分 (11月23日 10時00分更新)
いちほまれのCMに出演する本田望結さん(右)、紗来さん姉妹=ふくいブランド米推進協議会提供

いちほまれのCMに出演する本田望結さん(右)、紗来さん姉妹=ふくいブランド米推進協議会提供


 県産ブランド米「いちほまれ」の二〇二一年産の販売開始一カ月間の販売量が、前年同期より五割近く増えたことが分かった。県は、いちほまれのトップブランド化を掲げており、今季は首都圏などでのテレビCM放映量を二倍以上に拡大し、その効果が出た形だ。 (長谷川寛之)
 JA福井県によると販売量は九月二十五日から十月末までの約一カ月で二一年産が前年同期比48%増の九百四十八トンとなった。コロナ禍の影響がなかった一九年産と比べても43%増えている。
 CMは女優で女子フィギュアスケーターの本田望結(みゆ)さん(17)、紗来(さら)さん(14)姉妹が出演する新作。県内では二局が九月二十五日から、首都圏・関西圏・中京圏では前年比一局増の二局にして十月一日から一カ月余り放映。ほかにもJR東日本全線の電車内で流れる「トレインチャンネル」での広告も実施するなど認知度向上に力を入れている。
 CMの増加と併せて卸売店や量販店の販促キャンペーンも展開。販売店数は県内外で千二百店(二〇年度末)だったが県外を中心に五百店増えて千七百店(十月末現在)となった。
 県福井米戦略課の担当者は「良いスタートが切れた。認知度向上に向けて一定の成果が出ている」と話し、このペースを維持できれば二一年産の生産見込み六千トンの販売は可能とみる。
 いちほまれは一八年産から本格販売を開始し今季が四年目。やさしい甘さと米粒の白さ、つや。粘りと粒感のバランスの良さが特長。

関連キーワード

おすすめ情報