本文へ移動

お菓子で藤井四冠の気分を 瀬戸のカフェ提供 勝負スイーツ独自に再現

2021年11月23日 05時00分 (11月23日 05時00分更新)
完成した「柚子シフォンサンド」を見てほほえむ網田さん=瀬戸市朝日町の「cafe甘ぱんだ」で

完成した「柚子シフォンサンド」を見てほほえむ網田さん=瀬戸市朝日町の「cafe甘ぱんだ」で

  • 完成した「柚子シフォンサンド」を見てほほえむ網田さん=瀬戸市朝日町の「cafe甘ぱんだ」で
  • 2020年6月の棋聖戦第2局の際に食べたお菓子を模した「タルトアナナス」
  • 2021年7月の棋聖戦第3局中に食べた「水神餅」をイメージしたおやつ
  • 2021年10月の竜王戦第1局中に食べたお菓子を再現した「モンスターモンブラン」(紫芋のモンブラン)
 将棋の藤井聡太四冠を応援する地元瀬戸市の商店街に、藤井四冠がタイトル戦の勝った対局で食べた「勝負スイーツ」を再現して提供するカフェがある。再現している料理人、網田真之さん(41)は、十九日に王将戦の挑戦権を得て五冠を目指す藤井四冠に「体に気をつけて。王将戦でもスイーツを作り続けられることを願っています」とエールを送る。 (西川侑里)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

愛知の新着

記事一覧