本文へ移動

伝統のラグビー『バーバリアンズ』に日本から垣永、中村、堀越、小滝の4人選出 世界トップ選手としてサモアと対戦

2021年11月22日 20時48分

このエントリーをはてなブックマークに追加
バーバリアンズに選出された日本代表の中村亮土(10月23日のオーストラリア戦で)

バーバリアンズに選出された日本代表の中村亮土(10月23日のオーストラリア戦で)

 日本ラグビー協会は22日、欧州に遠征していた日本代表の4選手が、11月27日に英国ロンドンのトゥイッケナム競技場でサモア代表と対戦するバーバリアンズに選出されたと発表した。
 選出されたのはFW垣永真之介(29)、SO/CTB中村亮土(30)、FW堀越康介(26)=以上東京SG=、FW小滝尚弘(29)=神戸=の4人。日本でプレーする南アフリカ代表のFWマークス(27)=東京ベイ=も選ばれている。
 バーバリアンズは1890年にイングランドで創設された、遠征や試合のときに世界各国からトップ選手を招待して結成される特設クラブ。日本からは過去、日本代表の主将を務めた林敏之さん、元木由記雄さん(ともに元神戸製鋼)、アンドリュー・マコーミックさん(元東芝府中)らが、19年には女子バーバリアンズに女子日本代表の南早紀(横河武蔵野)、斎藤聖奈(三重パールズ)が参加した経験を持つ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ