本文へ移動

【ラグビー・リーグワン】東京SGに「ほほ笑みの貴公子」入団 オールブラックスばりばりの現役、SOダミアン・マッケンジー

2021年11月22日 14時16分

このエントリーをはてなブックマークに追加
笑顔がトレードマークのダミアン・マッケンジー(2020年のスーパーラグビー・サンウルブズ戦で)

笑顔がトレードマークのダミアン・マッケンジー(2020年のスーパーラグビー・サンウルブズ戦で)

 ラグビーリーグワンの東京SGは22日、新加入選手としてニュージーランド代表オールブラックスで40キャップを持つSO/FBダミアン・マッケンジー(26)の入団を発表した。
 マッケンジーはニュージーランド南部のインバーカーギル生まれ。177センチ78キロとラグビー選手としては小柄だが、視野の広さとラン、パス、キックすべての技術レベルの高さを備えたSOとしてワイカト代表、スーパーラグビーのチーフスで活躍し、16年に21歳でオールブラックスにデビュー。19年W杯は膝の負傷で欠場したが20年には代表復帰。今年はオールブラックスが行ったテストマッチ全13試合に出場している。華麗なフィールドプレーに加え、ゴールキックを蹴るときに笑顔を浮かべることから「ほほ笑みの貴公子」の異名をとる。
 マッケンジーは東京SGのプレスリリースで、「私はアタッキングラグビーが大好きで、エキサイティングなプレーができることを楽しみにしています。グラウンド外では日本の文化を体験できることも楽しみにしています。近いうちに、満員のスタジアムでお会いできることを願っています」などとコメントした。
 東京SGでは昨季、司令塔として大活躍したSOボーデン・バレットが1年で退団したが、後釜にやはりオールブラックスのスターが入り、リーグワン1年目の優勝を目指すことになりそうだ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ