本文へ移動

大谷翔平の国民栄誉賞辞退に「大正解」と舛添要一さん 以前には「立ち小便もできなくなる」といって辞退した野球選手も

2021年11月22日 12時45分

このエントリーをはてなブックマークに追加
舛添要一さん

舛添要一さん

 元東京都知事で国際政治学者の舛添要一さん(72)が22日、ツイッターを更新。米大リーグ、エンゼルス・大谷翔平投手(27)がこの日、国民栄誉賞を辞退したニュースに触れ、「大正解」と評価した。
 舛添さんは「大谷翔平が国民栄誉賞を辞退。大正解。今後も辞退し続けてほしい」と大谷の判断に賛同。その理由について「受賞者には重荷で、盗塁王の福本豊は、立ち小便もできなくなると言って辞退した」と野球指導者の福本豊さん(72)のコメントを引用し、「スポーツ選手は記録やメダルだけでよい」と持論を展開した。
 さらに「政権に利用される必要はないし、国民が喝采すればそれでOK」と続け、「私は、国民栄誉賞を廃止せよと主張し続けている」と自身の考えを明らかにした。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ