本文へ移動

元王者アロンソが7年ぶり表彰台!! 大健闘の3位獲得「長いこと待っていた」40歳以上では2012年のシューマッハー以来【F1第20戦カタールGP】

2021年11月22日 00時48分

このエントリーをはてなブックマークに追加
アルピーヌのフェルナンド・アロンソ(AP)

アルピーヌのフェルナンド・アロンソ(AP)

◇21日 F1第20戦カタールGP(ロサイルサーキット)
 F1第20戦カタールGPは21日、決勝が行われ、アルピーヌのフェルナンド・アロンソ(40)=スペイン=が食い込み、2014年のハンガリーGPで2位になって以来、7年ぶりに表彰台を獲得した。
 40歳以上での表彰台は、2012年ヨーロッパGPに43歳で3位に入ったミハエル・シューマッハー(ドイツ)以来、9年ぶり。
 「7年かかってようやく手にすることができた。正直言うと1周目にトップに立てるのではと思ったけど、できなかったね」
 レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン(オランダ)とメルセデスのバルテリ・ボッタス(フィンランド)が予選中の黄旗無視でグリッド降格のペナルティーを受けたことから3番グリッドからスタート。終始、上位でレースを展開し、「チームが良くやってくれた。長いこと、これ(表彰台)を待っていたので、本当にうれしい」と笑顔を見せた。
 2005、06年のF1王者でマクラーレン時代の18年にいったんはF1を引退したものの、仏ルマン24時間レース優勝、ダカールラリー参戦などを経て、古巣ルノー(現アルピーヌ)から昨季F1に電撃復帰した。
 チームメートのエステバン・オコン(フランス)も5位でフィニッシュ。製造者部門でアルピーヌと同点で並んでいたアルファタウリ・ホンダはピエール・ガスリー(フランス)が11位で、角田裕毅(21)も13位に沈み、いずれもノーポイントに終わったことから、両チームの点差は一気に「25」に広がった。
 優勝はメルセデスのルイス・ハミルトン(英国)がポールトゥウインで飾り、前戦サンパウロGPに続く今季7勝目を挙げた。通算102勝目で、初開催されたカタールGPの初代ウイナーとなった。
 レッドブルのフェルスタッペンは2位。予選中の黄旗無視で5グリッド降格のペナルティーを受け、7番グリッドからのスタートから追い上げるも圧倒的な速さを見せたハミルトンに詰め寄ることができなかった。ポイントリーダーの座を死守したが、ハミルトンとの点差は8に縮まった。
◆F1第20戦カタールGP決勝暫定結果
1・ルイス・ハミルトン(メルセデス)
2・マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)*
3・フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)
4・セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)
5・エステバン・オコン(アルピーヌ)
6・ランス・ストロール(アストンマーティン)
7・カルロス・サインツ(フェラーリ)
8・シャルル・ルクレール(フェラーリ)
9・ランド・ノリス(マクラーレン)
10・セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)
11・ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)
12・ダニエル・リカルド(マクラーレン)
13・角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)
14・キミ・ライコネン(アルファロメオ)
15・アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)
16・ミック・シューマッハー(ハース)
17・ジョージ・ラッセル(ウィリアムズ)
18・ニキータ・マゼピン(ハース)
リタイア・ニコラス・ラティフィ(ウィリアムズ)
リタイア・バルテリ・ボッタス(メルセデス)
*ファステストラップ

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ