本文へ移動

【明治神宮大会】初出場の明秀学園日立は逆転で初戦敗退 金沢成奉監督「これが全国レベルなのかな」

2021年11月21日 18時23分

このエントリーをはてなブックマークに追加
初戦敗退となった明秀学園日立の金沢成奉監督(左)

初戦敗退となった明秀学園日立の金沢成奉監督(左)

◇21日 明治神宮野球大会高校の部2回戦 広陵(中国・広島)5―3明秀学園日立(関東・茨城)
 初出場の明秀学園日立は逆転負けで初戦敗退した。3点を追う4回に先頭からの連打で無死一、三塁の好機をつくったが、得点は内野ゴロの間に奪った1点止まり。最後まで点差を詰め切れなかった展開を金沢成奉監督は「粘り強さ、しつこさは相手の方が上回っていた。これが全国レベルなのかな」と悔しげに振り返った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ