本文へ移動

眞子さんの皇籍離脱『ジェンダー不平等の伝統』とインド紙論説 英王室引き合いに「日本の皇室は変化を受け入れなければならない」

2021年11月21日 14時45分

このエントリーをはてなブックマークに追加
小室圭さん、眞子さん夫妻

小室圭さん、眞子さん夫妻

 秋篠宮家の長女、眞子さんは一般人の小室圭さんと結婚することで皇籍を離脱し、ニューヨークで新生活を開始。インド紙サンデー・ガーディアンは20日、皇室の詳細な家系図を添え、「日本の皇室は変化を受け入れなければならない」と題した論説を掲載し、女性皇族も皇位継承権を持てるようにすべきだと報じた。
 「日本の皇室の女性メンバーが一般人と結婚する際は、皇籍を離れなければならない。この100年前に終止符が打たれるはずだったジェンダー不平等の長い伝統が21世紀も続いていることは、今回の眞子さんへの処遇を見ても明らかだ」。さらに、この“不平等”が解消されない一因として「国際世論から変化の欠如を苦々しく捉えられるような場合でさえも、宮内庁などのお偉方は変化を忌み嫌うべきものと信じている」と批判した。
 また、同紙は英国王室は女性メンバーも皇位継承権があると紹介。古代ギリシャの哲学者ヘラクリトスの「唯一の不変なものは、変化することである」との言葉を引き、「2021年の今こそ、ジェンダー不平等の火に油を注ぐ慣習を排除すべきだ。眞子さんを再び家族に迎え入れるべきだ。徳仁天皇と雅子皇后が、英国の友人たちのようにジェンダー不平等を撤廃すれば、東京の皇居は世界中の人心をつかむことになるだろう」と論じた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ