本文へ移動

【明治神宮大会】大阪桐蔭が逆転で4強進出 2番手の1年生・前田が6イニング10K無失点でペース呼び込む

2021年11月21日 13時38分

このエントリーをはてなブックマークに追加
好投した大阪桐蔭の前田悠伍投手

好投した大阪桐蔭の前田悠伍投手

◇21日 明治神宮野球大会高校の部2回戦 大阪桐蔭8―4敦賀気比(神宮)
 大阪桐蔭(近畿・大阪)が敦賀気比(北信越・福井)に逆転勝ちし、4強入りを決めた。
 1回に敦賀気比に1点の先制を許すも、直後の1回裏に5番海老根の左翼スタンド中段への3ランで逆転に成功。4回には先発右腕・川原が2本の適時打を浴びて3失点。再び1点リードされたが、6回に同点に追い付くと1番・伊藤の左中間を破る適時二塁打で勝ち越した。
 4回から2番手で登板した1年生左腕・前田悠伍投手は140キロ台の直球と変化球をテンポよく投げ込み、6イニングを無失点の好投。4つの見逃し三振を含む10奪三振で敦賀気比打線に付け入るすきを与えなかった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ