本文へ移動

「大きくなって謎のドキドキ」本田望結はカレンダーの出来栄えに満足 フィギュアとの”二刀流”継続、インターハイも頑張る

2021年11月21日 12時57分

このエントリーをはてなブックマークに追加
お気に入りのページを開いてカレンダーをPRした本田望結

お気に入りのページを開いてカレンダーをPRした本田望結

 女優でフィギュアスケート選手の本田望結(17)が21日、東京都内で2022年カレンダー発売記念イベントを開いた。
 「毎年出しているので、もうこの時期になったという気持ち」と語った本田だが「このサイズは初めてなので、大きくなって謎のドキドキ」とポスターサイズのカレンダーを手にニッコリ。「ここ2年ぐらい『顔つきが大人になったね』と言われる。10年後、15年後に懐かしく思える」と、できばえに満足した様子だった。
 今年を振り返る質問に本田は「高校サッカーの応援マネージャーから始まり、正直あっという間だった。毎日やることがたくさんあって常に取り組んでいた」とコメント。コロナ禍で「当たり前がどれだけ幸せか分かった。試合の開催もどこか当たり前だったが、中止で目標が消える初めての経験をした。家族みんなで会える時間も久しぶりで、これも当たり前じゃなかった」と話した。
 2022年の抱負には「インターハイに出場が決まったので、青森山田の代表、東北代表として頑張りたい」と意気込んだ。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ