本文へ移動

【ラグビー7人制】W杯アジア予選、日本女子が優勝、来秋の本大会へ 男子は韓国に敗れ本戦連続出場「7」でストップ

2021年11月21日 11時19分

このエントリーをはてなブックマークに追加
アジア女王として来年のW杯出場を決めた女子日本代表=(C)JRFU

アジア女王として来年のW杯出場を決めた女子日本代表=(C)JRFU

 来年9月に南アフリカで行われるラグビーの第8回7人制W杯のアジア予選は20日、UAEのドバイで決勝トーナメントを行った。
 日本女子は準決勝で香港と対戦。三枝千晃(北海道バーバリアンズ)、堤ほの花(日体大)が2トライずつあげるなど29―0で勝ち、アジアに2枠与えられているW杯出場権を手に入れると、決勝では東京五輪で敗れた中国から堤と平野優芽主将(日体大)がトライをあげて14―12で破り、アジア最強の座も奪回。女子の部が採用された第5回大会から4大会連続の出場となる来年のW杯にはアジア女王として出場することになった。
 日本男子は準決勝で韓国と対戦。7―14とリードされて迎えた後半早々、相手の反則によるペナルティートライで同点に追い付き、さらに数的優位の2分間を得たが攻撃が連携を欠き得点を奪えず、逆に終了直前にトライを献上。14―21で韓国に敗れ、第1回大会からの連続出場が7で途切れた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ