本文へ移動

【女子ラグビー】欧州遠征の日本代表、アイルランドに金星ならず リードして折り返しも後半、得点奪えず逆転許す

2021年11月21日 10時57分

このエントリーをはてなブックマークに追加
後半、突破を図る日本代表CTB小林(中央)左端はFW伊藤=(C)JRFU

後半、突破を図る日本代表CTB小林(中央)左端はFW伊藤=(C)JRFU

 欧州遠征中のラグビー女子日本代表は20日(日本時間21日未明)、ダブリンで世界ランク7位のアイルランド代表と対戦(日本は12位)。前半を12―3とリードしたが、後半に2トライを奪われ12―15で敗れた。日本は3戦全敗でツアーを終えた。
 日本は前半、CTB古田真菜(東京山九フェニックス)とFW斉藤聖奈(三重ホンダヒートパールズ)のトライなどで12―3とリード。さらにアイルランド選手が危険なタックルでレッドカードを受けたことで、50分間は数的優位で戦えることになった。
 しかし、後半はホームの大声援を受けたアイルランドの猛攻を浴びて2トライを献上。日本は3点を追う立場となった終盤、再三相手ゴール前に攻め込んだが決め手を欠き、12―15で惜敗した。
 FW南早紀主将(横河武蔵野)は「いろいろな人から『いい試合をしたね』と言っていただいたのはうれしいことでもあるけれど、私は悔しい。こういう試合に勝ちきることが私たちには必要」と表情は硬いまま。レスリー・マッケンジーヘッドコーチは「6カ国対抗を戦っている国と3週連続で戦えて、本当に多くのことを学べた。この経験を、来年のW杯に向け生かしていかなければいけない」と前を向いた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ