本文へ移動

【フィギュア】樋口新葉 自己ベスト更新で3位「自分なりに成長している」【フランス杯女子フリー】

2021年11月20日 23時14分

このエントリーをはてなブックマークに追加
◇20日 フィギュアスケート グランプリ(GP)シリーズ第5戦・フランス杯 女子フリー(フランス・グルノーブル)
 19日のショートプログラム(SP)は6位だった樋口新葉(20)=明大=が6番滑走でフリーの自己ベストを更新する141・04点をマーク。合計204・91点の3位で今大会を終えた。
 「ライオンキング」のメロディーに乗って演技した樋口は冒頭のジャンプにSPでは失敗したトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を選択。4分の1の回転不足にはなったものの、しっかり着氷させた。続く3回転ルッツ―3回転トーループの連続ジャンプはGOE(出来栄え点)で1・43点を加点。その後の内容も無難にまとめて、海外での国際大会では久々となる表彰台につなげた。
 演技を終えた樋口は氷上でガッツポーズ。今は「一歩一歩自分なりに成長していっているというのは感じている」と確かな手応えを感じており、北京五輪の最終選考会となる全日本選手権(12月・さいたまスーパーアリーナ)へ「完璧な演技をして(フリーで)145点を出したいと思うので、それに向けて頑張りたい」と意気込んだ。
 SP11位の横井ゆは菜(21)=中京大=はフリー7位の124・61点をマークして、合計176・93点の9位。優勝は、昨季の世界女王で合計229・69点のアンナ・シェルバコワ(17)=ロシア=だった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ