本文へ移動

【ラグビー】女子日本代表29ー0無失点完勝!4大会連続W杯切符【7人制アジア予選】

2021年11月20日 21時59分

このエントリーをはてなブックマークに追加
準決勝で先制トライなど2トライをあげた三枝千晃(●JRFU)

準決勝で先制トライなど2トライをあげた三枝千晃(●JRFU)

 来年9月に南アフリカで開催されるラグビー7人制W杯のアジア予選が20日、UAEのドバイで行われ、日本は準決勝で香港に29―0で勝ち、4大会連続のW杯出場を決めた。
 日本は開始3分に三枝千晃(北海道バーバリアンズ)のトライで先制。5分に東京五輪代表の梶木真凜(自衛隊体育学校)がトライを加えて10―0で折り返した。後半は三枝の2トライ目、さらに東京五輪代表の堤ほの花(日体大)が2トライを加え、守っては香港を無得点に抑えて完勝した。
 準決勝のもう1試合は中国がカザフスタンを24―19で破り、日本とともにW杯出場決定。日本と中国はアジア王座を懸けて日本時間21日未明開始の決勝で対戦する。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ