本文へ移動

大野市の地下水位が過去最低 少雨要因、節水呼び掛け

2021年11月21日 05時00分 (11月21日 05時00分更新)
観測史上最低の地下水位8・06メートルを知らせる春日公園の看板=大野市春日3で

観測史上最低の地下水位8・06メートルを知らせる春日公園の看板=大野市春日3で

 大野市の基準井「春日公園観測井」の地表から測った地下水位が二十日、一九七六(昭和五十一)年の観測開始から過去最低の八・〇六メートルを記録した。今後も地下水位が低下する見込みで、市は節水を呼び掛けている。市環境・水循環課によると、これまでの過去最低の地下水位は二〇〇五(平成十七)年十一月二十九日の八・〇〇メートル。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報