本文へ移動

<湖国の現場2021> 介護の人材、どう確保 体験会やサイトでやりがい伝える

2021年11月21日 05時00分 (11月21日 05時00分更新)
人形を使ってシーツの交換を練習する介護体験会の参加者ら=甲賀市甲南町で

人形を使ってシーツの交換を練習する介護体験会の参加者ら=甲賀市甲南町で

 介護の現場で、慢性的な人材不足が続いている。2025年には第1次ベビーブーム(1947〜49年)に生まれた「団塊の世代」の全員が75歳以上の後期高齢者になり、要介護者が必要なケアを受けられない事態が懸念される。県内でも人材確保に向けた模索が続く。 (島将之)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

滋賀の新着

記事一覧