本文へ移動

【全国高校ラグビー】好守躍動の中部大春日丘2年・物部は”姫野2世” 先輩の「名に恥じない選手に」

2021年11月20日 19時04分

このエントリーをはてなブックマークに追加
中部大春日丘―名古屋 後半、突進する中部大春日丘・物部

中部大春日丘―名古屋 後半、突進する中部大春日丘・物部

◇20日 ラグビー 第101回全国高校ラグビー大会愛知県大会決勝 中部大春日丘45―0名古屋(パロマ瑞穂ラグビー場)
 春日丘OBの日本代表FW姫野和樹(トヨタ)とも比較される巨漢LO・物部耀大朗(2年)が攻守で躍動した。191センチ、116キロの巨体に似合わぬ走力でボールに絡み、タックルを受けながら巧みなオフロードパスなどでトライを演出した。
 高校日本代表候補でもある物部は「姫野選手の名前に恥じない選手になりたい」と笑顔。FWの核として花園でも暴れ回る。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ