本文へ移動

悲願の花園出場がかなわなかった名古屋「内容に手応え」監督は選手ねぎらう【ラグビー】

2021年11月20日 18時59分

このエントリーをはてなブックマークに追加
◇20日 ラグビー 第101回全国高校ラグビー大会愛知県大会決勝 中部大春日丘45―0名古屋(パロマ瑞穂ラグビー場)
 名古屋は悲願の花園出場がかなわなかった。序盤は強力FWを軸に春日丘を押し込み、ペナルティーゴール(PG)を狙わずトライを奪いにいく作戦を選んだが、あと一歩で守備網を破れなかった。
 二木監督は「過去の決勝では先にPGで3点を取っても、その後、受けに回ってしまった。今回は積極的にトライを取りに行くプランだった。敗れはしたが、試合内容に手応えはある」と選手たちをねぎらった。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ