本文へ移動

五輪女子バスケ銀獲得、馬瓜エブリンの13年間追った「東京の日の丸」21日メ~テレで放送 宮崎あおいが4作目もナレーション

2021年11月20日 10時46分

このエントリーをはてなブックマークに追加
馬瓜エブリン

馬瓜エブリン

 メ~テレ(名古屋市)は、東京五輪女子バスケットボール日本代表「アカツキファイブ」の一員として初の銀メダル獲得に貢献した馬瓜エブリン(26=トヨタ自動車)の13年間を追った「メ~テレドキュメント 東京の日の丸」を21日午前10時38分から放送する(東海3県ローカル)。
 馬瓜はガーナ人の両親のもと、愛知県豊橋市で生まれ、同県東郷町で育った。メ~テレは2008年、当時13歳だった馬瓜と家族を追い続け、過去3作のドキュメントや、テレビ朝日系列のテレメンタリーなどで紹介してきた。今回の「東京の日の丸」では、肌の色や国籍の違い、目標の前に次々と立ちはだかる「壁」と向き合ってきた日々を、貴重な映像とともに描く。
 ナレーションは、これまでの3作を担当してきた女優の宮崎あおい(35)。時には優しい姉、親しい友人のように温かく語り続けてきた馬瓜に「エブリンさんが中学生の頃から、ナレーションという立場で見守らせていただき、人として成長し、バスケットボール選手として大活躍されていることを、とてもうれしく感じています。悩み、葛藤することも多かったと思いますが、成長する中でどんなことも前向きに考えられるようになったエブリンさん。本当にすてき! ずっと応援しています!」とメッセージを寄せた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ