本文へ移動

幻の動植物に触れ合える彫刻 デビュー25年の大森さん、菰野で作品展

2021年11月20日 05時00分 (11月20日 11時07分更新)
息づかいが感じられる彫刻作品を手掛けた大森さん=菰野町大羽根園松ケ枝町のパラミタミュージアムで

息づかいが感じられる彫刻作品を手掛けた大森さん=菰野町大羽根園松ケ枝町のパラミタミュージアムで

 彫刻家として今年でデビュー二十五年目を迎えた、大森暁生さん(50)の企画展「幻触(げんしょく)」(中日新聞社など後援)が十九日、菰野町大羽根園松ケ枝町のパラミタミュージアムで始まった。二十五年間に生み出した代表作や新作など九十点が並ぶ。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

三重の新着

記事一覧