本文へ移動

【ラグビー】リザーブ斎藤直人 早大時代からともに歩む中野将伍と「一緒にプレーして勝ちたい」

2021年11月19日 21時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
4戦連続ベンチスタートとなった斎藤(右=8日の練習で。©JRFU)

4戦連続ベンチスタートとなった斎藤(右=8日の練習で。©JRFU)

 ラグビー日本代表は欧州遠征の最終戦として20日にスコットランド代表と敵地エディンバラで対戦する。日本が史上初の8強入りを決めた2019年W杯日本大会の1次リーグ最終戦以来となる再戦。リザーブに入るSH斎藤直人(24)=東京SG=は途中出場したポルトガル代表戦での“勝利の味”を生かす決意を示した。
 「ポルトガル戦はイエローカードが2枚出たりして厳しい状況だったけど、そういう経験をした上で勝ちきれたことは大きな収穫になりました」
 ポルトガル戦には後半に途中出場、6月の代表デビューから4戦目で初めてテストマッチの勝利を味わった。18日に発表されたスコットランド戦のメンバーではリザーブで登録。今秋の4連戦では先発なしに終わることになったが「今はリザーブで自分の役目に集中します。ゲームに入ったらエナジーを出してアタックのテンポを上げる役割を遂行する。背番号9のジャージーを着られなかったことについては、遠征が終わってからしっかりレビューしたい」と話した。
 ポルトガル戦では早大から同級生の中野将伍が先発デビュー戦をトライで飾った。
 「見ていてうれしかったし刺激を受けてます。スコットランド戦も僕が入るまでピッチにいてもらって、一緒にプレーして勝ちたいです」
 同級生との競演で、歴史的な勝利を狙う。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ