本文へ移動

【NHK紅白】放送総局長「時代変わる最初のステップ」 発表のビジュアル問う質問「考えていきたい」

2021年11月19日 19時15分

このエントリーをはてなブックマークに追加
19日に発表された今年の紅白歌合戦の新ビジュアル

19日に発表された今年の紅白歌合戦の新ビジュアル

 紅白出場者発表後、正籬聡放送総局長の定例会見があった。
 正籬放送総局長は今年の出場者について「タイトルの『カラフル』、多様性を含めて、今年を締めくくるのにふさわしい多彩な皆さまにお集まりいただけた」と話した。
 この日発表された新ビジュアルの是非を問う質問があった。新ビジュアルは「紅白歌合戦、ただいま準備中。」のコピーで、衣装に迷っている司会の俳優大泉洋(48)に、司会仲間の女優川口春奈(26)と和久田麻由子アナウンサー(32)がジャケットを選んでいる図柄だ。
 質問はこの図柄が「年長の男性はファッションに関心がなく、女性が着るものを選んできた古典的な観念を象徴していると取る人もいるのでは。多様性をうたう今年のテーマにそぐわないのではないか」というもの。
 正籬放送総局長は「このビジュアルにはいろいろな考えがあると思う」と受け取る人によって違和感を持つ人がいる可能性を認めた。その上で「私自身は(質問のようには)思わなかったが、そういうご意見もふまえていきたい」と述べた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ