本文へ移動

紅白会見でBiSHが大暴れ…NHKで放送禁止用語を叫ぶ DISH//との間で聞き間違いのハプニングも

2021年11月19日 16時49分

このエントリーをはてなブックマークに追加
掛け声を出して気合を入れるBiSH

掛け声を出して気合を入れるBiSH

 2021年の紅白歌合戦は、「BiSH(ビッシュ)」、「DISH//(ディッシュ)」問題で幕が開けた。19日、NHKで行われた会見。初出場の6組が姿を現し、NHKの和久田麻由子アナウンサーが赤組から紹介を始めた後に“事件”は起きた。「BiSH」の紹介時、聞き間違えた「DISH//」が頭を下げる珍事が起きた。
 和久田アナは「失礼しました。紅組のビッシュのみなさんです」と苦笑しながらフォロー。しかし、これだけでは終わらなかった。楽器を持たない女性6人組パンクバンド「BiSH」のセントチヒロ・チッチが切り出した。「ここで私たちの気合をやらせてください」。そしてライブ前に行うという円陣を組み、こう叫んだ。
 「ち○ぽー!」
 紅と白の衣装に身を包んだ6人が発した掛け声に会場からは笑いが。チッチは「2年前から出たい、出たいぞと言霊を放ってきた。もちろん、ち○ぽーはやりたい」と意気込んだ。NHKの一坊寺剛チーフ・プロデューサーは「めっちゃおもしろかったですよね。生放送じゃなくて良かったです」と笑ったが、スタッフから「ち○ぽ」がNGワードだと伝えられ「NHKなので。ご理解いただければ」と了解を求めた。
 一方、“もらい事故”となった白組の「DISH//」。北村匠海(24)は「(冒頭で)聞き間違えてすみませんでした」とあいさつ。名前の似た「BiSH」のように円陣を披露してほしいという要望が出されると、「あれより笑いを取れる自信がない。やりますか? ちくしょー、変なバトンもらっちまったな~」と天を仰いだ。それでも、4人で円陣を組んだ。
 「中華と言ったら? 酢豚!」
 北村は「すみませんでした。誰も酢豚派ではないんですが願掛けなんです。恥ずかしいな。8、9年くらいこの掛け声でやらせていただいています。お辞儀を間違えてからずっと醜態をさらしている」と話して爆笑を誘った。「BiSH」、「DISH//」という似た発音から派生した“ハプニング”の連続。大みそか、この2組から目が離せそうにない。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ