本文へ移動

南越前の上平吹橋開通 式典 通学路で歩道を新設

2021年11月19日 05時00分 (11月19日 09時48分更新)

上平吹橋の開通を祝いテープカットする岩倉町長(中央)ら=南越前町上平吹で

 南越前町上平吹の日野川に架かる町道脇本上平吹線の上平吹橋が架け替えられ、十八日に開通式が行われた。南条小学校と南条中学校の児童生徒の通学路でもあり、新たに歩道が整備されたほか、道幅も広がり安全性が高まった。同日午後三時から通行できるようになった。
 南条保健福祉センターで式典が行われ、岩倉光弘町長が「地域交流や物流の促進が期待される重要路線。橋を渡る多くの人に親しみを持ってもらいたい」とあいさつ。橋に移動してテープカットし、通り初めをした。南越消防組合消防本部の音楽隊による演奏や南条こども園の園児らによる風船飛ばしもあり、式典に花を添えた。一九六六(昭和四十一)年から利用されてきた旧橋はコンクリートの腐食や橋脚の傷みが激しかったため、国の補助を受けて町が二〇一五(平成二十七)年から架け替え工事を進め、今月中旬に完成した。総事業費は十二億八千万円。 (堂下佳鈴)

関連キーワード

おすすめ情報