本文へ移動

日本レコード大賞候補にLiSA『明け星』など10曲 今年は混戦…最優秀新人賞は“和製ビヨンセ”TAEKOら4組

2021年11月19日 00時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
LiSA

LiSA

 第63回日本レコード大賞の審査会が18日、東京都内で開かれ、優秀作品賞や新人賞など各賞が決定した。レコード大賞の候補となる優秀作品賞には、昨年「炎(ほむら)」で大賞を受賞したLiSA(34)の「明け星」など10曲が選ばれた。レコード大賞と最優秀新人賞は12月30日に決定。今年はどの曲が大賞の栄冠に輝くのか、予想の難しい混戦模様となっている。
   ◇    ◇
 昨年「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」が日本歴代興行収入1位を記録し、社会現象になった。これに伴い、LiSAが歌う「炎」も大ヒット。鬼滅旋風の中、レコード大賞を初受賞した。今回候補となった「明け星」は現在、フジテレビ系で放送中のアニメ「鬼滅の刃」の主題歌にもなっており、今年も旋風を巻き起こすか注目される。
 優秀作品賞には2006年に大賞を受賞した氷川きよし(44)の「Happy!」、11・12年に受賞のAKB48の「根も葉もRumor」、17・18年受賞の乃木坂46の「ごめんねFingers crossed」も選出、虎視眈々(たんたん)と頂点を狙う。ほかに男女3人組バンド・Awesome City Clubの「勿忘(わすれな)」などフレッシュなグループの曲も。
 新人賞は、16日にデビューお披露目ライブを行い“和製ビヨンセ”の呼び声高いTAEKO(29)やオーディション番組から誕生したボーイズグループ・INI、4人組ロックバンド・マカロニえんぴつ、アイドルグループのメンバーでグラドルの顔も持つ演歌歌手・望月琉叶(25)の多彩な4組が選ばれた。最優秀歌唱賞にはMISIAが選出された。
 大賞、最優秀新人賞が決定する「第63回 輝く!日本レコード大賞」はTBS系で12月30日午後5時30分から生放送される。
◆レコード大賞各賞◆
【優秀作品賞】
「明け星」LiSA
「君がそばにいるから」純烈
「ごめんねFinger crossed」乃木坂46
「CITRUS」Da-iCE
「Take a picture」NiziU
「Dream on the street」DA PUMP
「根も葉もRumor」AKB48
「Backwards」三浦大知
「Happy!」氷川きよし
「勿忘」Awesome City Club
【新人賞】
INI、TAEKO、マカロニえんぴつ、望月琉叶
【最優秀歌唱賞】
MISIA
【特別賞】
Ado
Bank Band
松本隆
YOASOBI
【特別国際音楽賞】
BTS
【日本作曲家協会選奨】
竹島宏
【特別功労賞】
川口真
小林亜星
酒井政利
坂本スミ子
ジェリー藤尾
すぎやまこういち
寺内タケシ
*優秀作品賞は曲名、新人賞は歌手名の五十音順

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ