本文へ移動

【中日】根尾「体はバキバキ」石川昂「充実しています」秋季キャンプ第4クールから〝2部トレ〟で追い込み

2021年11月19日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
秋季キャンプ 第4クール初日

ノックを終え、苦しそうな表情を見せる根尾(左)と石川昂


 若竜の追い込みが始まった。第3クールまでは一部主力を除く野手陣の練習は午後からのスタートだったが、第4クール初日となった18日、練習メニュー表には「根尾」「石川昂」ら5人の若手の名前が午前と午後の両方に記載された。
 午前9時からウオーミングアップが始まり、40分間のノック、1時間半の打撃メニュー。約1時間の昼休憩を挟んで、フレッシュな午後組が合流した。再びノック、打撃メニューと汗を流し、個別練習へ。取材対応したのはすっかり日が暮れた午後6時だった。
 根尾は「体はバキバキです。きつかった。外野の守備がメインなので、バッティングに時間を割けたのでよかった」と振り返った。体の開きを抑えつつ、トップが背中側に入りすぎないように意識。個別練習終了後には、森野打撃コーチにお願いしてティー打撃の“おかわり”。「確認したいことがありました」と充実した表情だった。
 満足げな表情を浮かべたのは石川昂も同じ。「きつかったですけど、充実していますね」。中村紀打撃コーチが見守る中、快音を響かせ続けた。...
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ