本文へ移動

描いて迫る古墳の魅力 可児・宮原さん20日から作品展

2021年11月18日 05時00分 (11月18日 13時24分更新)
「題材について理解するための準備が大事」と力を込める宮原さん=可児市内で

「題材について理解するための準備が大事」と力を込める宮原さん=可児市内で

  • 「題材について理解するための準備が大事」と力を込める宮原さん=可児市内で
  • 2018年の日展出展作品「古墳」
 日展無鑑査の日本画家、宮原剛さん(47)=可児市鳩吹台=の作品展「古墳に魅(み)せられて」が、二十日から池田町宮地の土川商店内のギャラリー「場所かさじゅう」で始まる。町の県史跡「願成寺西墳之越(がんじょうじにしつかのこし)古墳群」の一号古墳を題材に描いている。二十八日まで。(織田龍穂)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

岐阜の新着

記事一覧