本文へ移動

岐阜市、コロナ入国待機場を提供のホテルに宿泊費半額補助

2021年11月18日 05時00分 (11月18日 12時42分更新)
 コロナ禍で制限されていた外国人の入国に関し、政府がビジネス関係者や技能実習生らの新規入国を条件付きで容認したことを受け、岐阜市は十七日、入国後の待機場所として宿泊施設を提供する市内のホテルなどに補助すると発表した。
 市の担当者は「市内の企業や事業者支援の一環。県内では初めての取り組みではないか」としている。一泊三千円を上限に、宿泊費の半額を補助する。関連経費として約五百三十万円の一般会計補正予算を専決処分した。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報