本文へ移動

ワカサギ好発進 滋賀県甲賀市・青土ダム

2021年11月18日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ワカサギの4匹掛けに満足顔の筆者

ワカサギの4匹掛けに満足顔の筆者

  • ワカサギの4匹掛けに満足顔の筆者
  • 色づき始めた紅葉が湖面に映ってビューティフル
  • 上からシラハエ、モロコ、ワカサギ
  • ワカサギのてんぷらとモロコの甘露煮
 滋賀県甲賀市土山町の青土(おおづち)ダム湖(土山漁協管内)のワカサギ釣りが解禁になった1日、竿を出してきた。秋晴れのなか、まだ水温が高く、モロコに邪魔されながらも11センチを頭に47匹をゲットし、楽しむことができた。
 野洲川上流域の青土ダム湖でワカサギ釣りがスタートして今年は9シーズン目となる。年々人気は上昇し、当日もまだ暗い午前5時半前に到着すると、続々と車がやって来た。やはり解禁日というのはお祭りみたいなものだ。
 愛知県犬山市の入鹿池のボート釣りとは違い、青土ダム湖はおかっぱりスタイルで狙うことができる。ポイントは特産品販売所リップルチャチャ前より上流側が雑草などを刈り取ってあり、ワカサギ釣り場として整備されている。
 湖畔まで車が入れるので、釣り具の上げ下ろしも楽チンだ。ライトを点灯し、空いてる場所に釣り具を運んで釣り座を確保した。次第に東の空が明るくなるなか、細地袖1・5号7本針仕掛けを軽く投入し、タナを確認する。
 オモリが底スレスレになるように、ウキ下を2ヒロ半に合わせる。餌の紅サシと白サシを半分にカットし、縁起を担いで交互に紅白刺しとした。市販のワカサギ用まき餌をカゴに詰め、いざ第1投だ。
 風もなく、鏡のような湖面に山肌の色づき始めた紅葉が映ってビューティフル。仕掛けが着水すると、波紋が広がっていく。2本目も投入して集魚効果を高めようと、まき餌を詰めて投入を繰り返した。
 すると、ピクピクとウキがダンシングを始め、モロコと6センチのワカサギがヒットした。小さくても、今シーズン初のワカサギとの再会に喜びが込み上げる。その後は入れ食いの好スタート。11センチの良型を含めた4匹掛けには大満足だ。
 しかし、モロコが多いうえ、シラハエやハゼの仲間、ニゴイまで登場して五目釣りになってしまった。周りではモロコに苦戦しつつも、ワカサギとの再会とともに、釣り人同士も「今年もよろしく」と久々の再会に交流の輪ができていた。
 秋晴れの絶好の釣り日和に恵まれ、汗ばんできた。9時に「エコーバレイ管理棟」で日券を購入して釣り場へ戻った。少し西風が吹き始めて心地いい。10時を回ると、見回りの監視員が来たので入漁券を提示し、情報収集した。
 「周りでは50匹ほどの釣果。モロコが多いけれど、これからもっと水温が下がるとワカサギの釣果は伸びてくるよ」とのこと。その後はポツリポツリと追加したが、昼前にはピタッとアタリがストップした。
 タナを深くして遠投しても好転しない。帰り支度をする釣り人も増えてきた。私も色づき始めた紅葉を楽しみながら、おにぎりをパクパク食べて休憩し、午後1時に竿を納めた。
 シラハエ、ニゴイ、ハゼの仲間はすべてリリースし、6〜11センチのワカサギ47匹と9〜10センチのモロコ65匹をキープした。夕食には初物のワカサギのてんぷらと、モロコの甘露煮をおなかいっぱい味わった。
 日券1000円、年券6000円。釣り期間は来年3月末まで。(問)土山漁協=(電)0748(68)0068▽(問)エコーバレイ管理棟=(電)0748(66)0316
 (三重県鈴鹿市・伊藤正輝)

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ