本文へ移動

野口五郎&岩崎宏美、初のデュエット曲 名古屋公演で披露

2021年11月18日 05時00分 (11月18日 13時21分更新)
名古屋公演をPRするために訪れた野口五郎(右)と岩崎宏美=中日新聞社で

名古屋公演をPRするために訪れた野口五郎(右)と岩崎宏美=中日新聞社で

 歌手の野口五郎と岩崎宏美が二十四日、初デュエット曲「好きだなんて言えなかった」をリリースする。これに先立ち、二十三日午後五時から名古屋・栄の愛知県芸術劇場大ホールを舞台に二人で開く「2021プレミアムコンサート〜Eternal Voices〜」で披露する。
 新曲は、人生の盛りを過ぎつつある男女の、くすぶり続ける恋の物語。互いに引かれながら好意を伝えなかった悔いを「ふれずにいた唇にただ二人は心を置き去りにして」と歌う。
 一九七〇年代を代表するアイドルの野口と岩崎は「宏美ちゃん」「ゴロリン」と呼び合う仲。野口は「宏美ちゃんには、あえてぶりっこになって歌うように頼んだ」と明かし、岩崎は「ゴロリンとデュオで歌うデビュー曲。新人のつもりでステージに立ちたい」と笑った。9500円。(問)サンデーフォークプロモーション=電052(320)9100 (林啓太)

関連キーワード

おすすめ情報