本文へ移動

【フィギュア】羽生結弦がロシア杯も欠場 右足首靱帯損傷でGPシリーズ2戦連続「動きによっては痛みが…」

2021年11月17日 14時54分

このエントリーをはてなブックマークに追加
羽生結弦

羽生結弦

 日本スケート連盟は17日、フィギュアスケート男子で五輪連覇の羽生結弦(26)=ANA=が右足首の靱帯(じんたい)損傷のためグランプリ(GP)シリーズ第6戦・ロシア杯(26日開幕、ソチ)を欠場すると発表した。GPシリーズ第4戦・NHK杯に続き2戦連続の欠場となった。
 羽生は連盟を通じ発表したコメントの全文は次の通り。
 「応援してくださり、本当にありがとうございます。応援の声や想いに応えられるよう、全力で頑張っています。動きによっては痛みが出てしまいますが、日常生活では、痛みの影響がなくなってきました。まだスタートラインにはたどり着いていませんが、着実に前に進んでいきます。これからも、よろしくお願いいたします。がんばります」

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ