本文へ移動

タイラバサビキ楽し 福井・敦賀レンタルボート

2021年11月17日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
アオハタを手に笑みがこぼれる筆者

アオハタを手に笑みがこぼれる筆者

  • アオハタを手に笑みがこぼれる筆者
  • 当日の船中釣果の一部
 「この時期はタイラバサビキが面白い」。仲間とそう話していると、行きたくなるのが釣り人で10月30日、福井県敦賀市からレンタルボートで出た。秋の日本海らしく多彩な魚種が遊んでくれ、持ち帰りは7目、リリースを含めると11目釣りとなった。
 敦賀市沓のレンタルボート店「マリンサービス宗」で乗船手続きを済ませ、午前6時半出船。ポイントは敦賀沖のトークリだ。うねりがあったのでゆっくり走り、魚探の反応が出た所で開始。ジギングロッド6・8フィートに両軸受けリール、PE1号、リーダー25ポンド、タイラバサビキ&目玉は150グラムをセットした。
 活性がないのかヒットしない。何度か流し直していると「何か来た!」の声。振り向くとタイラバサビキ初挑戦の江崎幸雄さん(52)がアコウをゲットした。「いいのが釣れたよ」と喜ぶ江崎さんに何と立て続けにアコウがヒット。「ビギナーは釣っちゃうね」
 その後は底潮が悪いのか、レンコダイも釣れない。少し深場へ移動。ここは潮通しが良く、水深77メートル。10メートルラインで魚探に反応がある。アジでも釣れればと入れるがアタリすらない。ところが、回収しようとした時に青白い魚が何匹も追ってきた。「シイラだ!」
 江崎さんのロッドにジグが付いていたので「シイラを狙って」と声をかけるが、シイラは知らん顔で通り過ぎていく。持参したシンキングペンシルを江崎さんに手渡して「去って行った方にキャストして早巻きでやってみて」と指示すると、即ヒットした。
 シイラの引きに江崎さんもビックリしている。私も急いでルアーを用意してフルキャスト。着水してからファストリトリーブすると、引ったくる強烈なバイト。江崎さんとダブルヒットだ! 先に江崎さんのシイラを取り込んでから、春田敏光さん(55)に「今度は春田さんの番だよ。どこでもいいからキャストして」と声をかける。
 すると、春田さんにもヒットした。さらに後藤美津夫さん(53)にも「今なら誰でも釣れるから頑張って」とロッドを手渡すと「来たよ!」と後藤さん。シイラが横っ飛びしながら暴れる姿を見て後藤さんも驚いている。しかし、2人のシイラを無事玉網入れした時には、群れはいなくなってしまった。
 3人ともシイラの引きを堪能できたのは何よりだった。タイラバサビキに戻し、反応を探して移動を繰り返す。後藤さんに何かがヒット。沖でシイラがジャンプしたのを見て「ひょっとしてヒットしているのもシイラじゃないの」と話していると案の定、73センチのシイラだった。
 しばらくすると、いつもマイカでお世話になっている遊漁船が来たので船長に聞くと「潮が悪くてジギングは撃沈状態」とのこと。深場でレンコダイやアマダイを狙った方がいいと言うので、深場へ移動した。江崎さんにレンコダイが顔見せ。それもダブルでサビキに掛かっていた。「またお土産できたね」と祝福すると「ホントはマダイが欲しいんだけど」と言うので「この状況でレンコのダブルだよ、ぜいたく言わないの」
 その横で春田さんにヒットしたのはサバだったが、ここは潮がいいのか後藤さんはカイワリ、春田さんはレンコダイ、江崎さんはサゴシ、私はホウボウをゲット。「いろんな魚が釣れて、これが秋の日本海だね」と話も弾んだ。
 その後も江崎さんにレンコダイのダブル、私にアオハタ、後藤さんにカイワリが上がったが、次第に状況が変わってアタリがあっても掛からなくなった。ひょっとしてフグ? 嫌な予感は当たり、春田さんがサバフグを釣り上げたのを皮切りにサバフグとエソの猛攻となった。
 最後は立石周辺に移動して根魚狙い。アタリは頻繁にあるが、ヒットに持ち込めない。やっと来たと巻いてくると、サビキにベラが掛かっていた。春田さんは「いいのが釣れた」とアコウをゲットだ。南風が強くなって敦賀湾は白波。もう少し釣りたかったが、状況は悪くなると思い、安全第一で帰港した。
 この日、持ち帰った釣果はアオハタ30・5センチ1匹、レンコダイ24〜29・5センチ5匹、シイラ64〜73センチ5匹、アコウ28〜30センチ3匹、サゴシ44センチ、サバ30センチ、ホウボウ41センチ各1匹だった。レンタルボート料金は船の大きさ&エンジンの馬力によって各種あり。(問)マリンサービス宗=(電)0770(26)8222
 (HUNTER・伊藤宗紀)
 初心者にお勧めのタイラバサビキ。何が釣れるか分からないところが面白い。キャスティングの用意もしておくといい。安全のためライフジャケットは常時着用を。最低限のマナーを守り、ゴミは海に捨てずに持ち帰ろう。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ