本文へ移動

オマーン戦勝利の立役者は…!? 後半投入の三笘薫が劇的に試合の流れ変える 田嶋幸三会長「非常に大きな勝利」【サッカー日本代表】

2021年11月17日 07時10分

このエントリーをはてなブックマークに追加
オマーンを破り喜ぶ三笘薫ら日本代表(AP)

オマーンを破り喜ぶ三笘薫ら日本代表(AP)

◇16日 サッカーW杯カタール大会アジア最終予選B組第6戦 オマーン0ー1日本(マスカット)
 日本サッカー協会の田嶋幸三会長(63)はスタンドから日本の勝利を見守り、「勝ち点3を獲得した非常に大きな勝利だった」とチームを絶賛した。
 後半開始から投入されたMF三笘薫(サンジロワーズ)が劇的に試合の流れを変え、オマーンを完全に押し込んだ。「後半の効果的な選手交代によって、サイドを崩しながら相手にプレッシャーを与えていた。試合を支配しながら進められたことが得点や勝利につながったと思う。チーム全員が集中して一丸となって戦っていることが伝わってきた」と戦いぶりを高く評価した。
 来年1月27日に中国戦、2月1日にはサウジアラビア戦を控えている。「監督や選手も理解しているように、まだワールドカップへのチケットを勝ち取ったわけではなく、これから4試合の厳しい戦いが待っている。まずは1月からの2試合にしっかりと集中すること。これからもSAMURAI BLUEへの応援をお願いいたします」とコメントした。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ