本文へ移動

二宮和也、「硫黄島からの手紙」以来16年ぶり軍服姿 イタリア語も披露 来年1月3日放送、フジ系SPドラマ「潜水艦カッペリーニ号の冒険」で主演

2021年11月17日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ドラマ「潜水艦カッペリーニ号の冒険」に主演する二宮和也(左)とヒロインの有村架純

ドラマ「潜水艦カッペリーニ号の冒険」に主演する二宮和也(左)とヒロインの有村架純

 アイドルグループ「嵐」の二宮和也(38)が、フジテレビ系で来年1月3日午後9時から放送される新春スペシャルドラマ「潜水艦カッペリーニ号の冒険」に主演することが16日、分かった。二宮のドラマ主演は昨年末にグループが活動を休止してから初となる。
 実話をもとに数々のヒットCMを世に放つトップクリエーターの澤本嘉光さんが脚本を執筆。構想から25年の時をへて、CG技術を駆使した壮大なスケールで映像化される今作は、第二次世界大戦中に運命的な出会いを果たすことになる、厳格な日本海軍軍人と陽気なイタリア人たちの国境を超えた友情と恋の物語。
 主人公の日本海軍少佐・速水洋平(はやみ・ようへい)役を演じる二宮は、ハリウッドデビュー作となった映画「硫黄島からの手紙」(2006年公開)で陸軍一等兵を演じて以来、今作で16年ぶりに軍服姿を披露。また、イタリア語のセリフや歌唱にも挑戦。長セリフでまくしたてるシーンもある中、完璧な発音でイタリア人キャストや監督を「鳥肌もの」とうならせたという。
 二宮は「ぜひ、人間模様を楽しんでいただきたいなと思います。戦争というものよりも、そんな最中(さなか)にこんな人間がいたのか、というところを感じていただけたらと思います」とアピールしている。
 速水の妹・早季子(さきこ)役には有村架純(28)を起用。二宮とは日本テレビ系ドラマ「弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~」以来8年ぶり2度目のドラマ共演となる。「作品では久しぶりにご一緒させていただきましたが、変わらない二宮さんがそこにいてくださり、安心して現場にいることができました。以前とは少し話せることも変わって、個人的に時間の流れを感じ、感慨深かったです」と振り返った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ