本文へ移動

コロナ下の忘新年会どうする 

2021年11月16日 05時00分 (11月16日 15時09分更新)
 もうすぐ師走。新型コロナウイルスの感染状況が落ち着いている中、同僚や友人との忘新年会を考えている人もいるだろう。一方で流行の「第六波」への懸念から、大人数での会食をためらう声は根強い。官民問わず、日常生活の回復に向けた取り組みが少しずつ進む中、宴席と感染予防を両立するポイントを聞いた。(植木創太)

店選び 換気を重視 小型扇風機持参も



 民間の調査会社「東京商工リサーチ」(東京)は十月上旬、忘新年会の開催について調査を実施。それによると、回答した八千社のうち70・4%が「開催しない」意向を示した。宴会を避ける傾向は依然として強いが、昨年末の同様の調査からは二割以上減った。
 新型コロナは、飛沫(ひまつ)に加え、口や鼻から出て空気中に浮遊するウイルスを含んだ微粒子「エアロゾル」を介して感染。小さく軽いエアロゾルは空気中に漂い、遠くまで到達する。飲酒を伴う懇親会が危険なのは、酔ってマスクをせずに大声で話したり、混雑した狭い場所に長くとどまったりするためだ。
 感染制御学が専門の愛知県立大教授、清水宣明さん(61)によると、宴席での感染リスクを下げる最大のポイントは換気。窓や扉を複数開けたり、換気...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報