本文へ移動

<歩こう 松阪カルチャーストリート> (1)豪商旧宅やカフェにアート 松本紙店ギャラリーMOS(中町)

2021年11月16日 05時00分 (11月17日 13時01分更新)
サクラを描いた作品が並ぶ会場=松阪市の松本紙店ギャラリーMOSで

サクラを描いた作品が並ぶ会場=松阪市の松本紙店ギャラリーMOSで

 六日から松阪市内で開かれている豪商の旧宅やカフェにアート作品を展示する催し「松阪カルチャーストリート」が盛況だ。メイン会場の旧長谷川治郎兵衛家(魚町)、旧小津清左衛門家(本町)、原田二郎旧宅(殿町)では、六、七日の入場者数が通常の休日の二〜三倍に達した。絵画や工芸などの作品が並ぶ各会場の見どころなどを紹介する。(この連載は、奥村友基が担当します)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

三重の新着

記事一覧