本文へ移動

日本パラ水泳選手権に出場 蒲郡の障害者支援施設で働く市川さん

2021年11月16日 05時00分 (11月16日 10時52分更新)
10月の大会で獲得したメダルを手にする市川良さん(右)と、良さんが描いた「背泳ぎ」の絵を持つ美津子さん=蒲郡市三谷町で

10月の大会で獲得したメダルを手にする市川良さん(右)と、良さんが描いた「背泳ぎ」の絵を持つ美津子さん=蒲郡市三谷町で

 蒲郡市三谷町の障害者支援施設「じばカフェ」で働きながら、水泳に打ち込んでいる市川良さん(28)が二十、二十一両日に千葉県で開かれる全国大会「日本パラ水泳選手権大会」に出場する。障害があるが、子どものころから二十年以上も水泳を続け、十月の大会では背泳ぎで自己記録を更新したばかり。母美津子さん(56)は「これからもタイムを縮めていって」と見守っている。 (西山輝一)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

愛知の新着

記事一覧