本文へ移動

手軽にニジマス狙える 放流釣り場続々始動 ルアー・フライや餌で第2の渓流シーズンだ

2021年11月16日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ルアーでヒットさせたニジマス25センチ級を見せる山口さん

ルアーでヒットさせたニジマス25センチ級を見せる山口さん

  • ルアーでヒットさせたニジマス25センチ級を見せる山口さん
  • 小島さんが使っていたクランクベイト
  • 足場が良く、のんびり楽しめる日本ラインます釣り場

 各地で渓流魚の放流釣り場が続々オープンしている。10月31日に北方マス釣り場(木曽川漁協)、1日に日本ラインます釣り場(日本ライン漁協)とNEOGAWA管理釣り場(根尾川筋漁協)、6日に月見ケ原フィッシングセンター(長良川中央漁協)が開いた。渓流ファンにとって第2のシーズン到来だ。 
  (東條敏明)
日本ラインます釣り場
岐阜県坂祝町酒倉
 日本ラインます釣り場(岐阜県坂祝町酒倉)は、岐阜県高山市で養殖したニジマス20〜25センチ400キロを放流して開幕に備えた。木曽川の支流を利用して釣り場を造成しているが、今季は昨年あった餌釣り池が今夏の大増水で消失したため、ルアー・フライ釣り場の一部を仕切って餌釣り専用とした。
 また女性、高校生の料金を1000円安くした。「ファミリーや、女性の方もどんどん釣りをしていただき、釣りファンを増やしたい」と酒向貞夫組合長(88)。無料駐車場や仮設トイレもあるうえ、仮設事務所では餌のブドウ虫とメダカも常備している。2月になるとアマゴも放流する。
 3日、上流付近でロッドを振っていた愛知県犬山市の山口光広さん(54)は、昼までにニジマス20〜25センチを6匹。ロッド5・6フィート、ライン3ポンドにグリーン系クランクベイト2・5グラムのタックル。「ひったくるアタリもあるがバーブレスフック(返しのない針)なのでバラシも多い。でも退屈ない程度にヒットするので楽しいよ」
 「1投ごとにアタリはあるけど掛かりが悪い」と言いつつ、15匹以上キープしていたのは犬山市の小島敬太さん(38)。グラスロッドが固くて魚が乗りにくく、ロッドの選択ミスという。それでもクランクベイト2グラムのカラーをピンク系、ベージュ系とローテーションさせ次々にヒットさせていた。コツは「中層付近をゆっくり緩急つけて巻くだけ」という。
 この日の水温は18度と高めだったが、餌釣りの常連さんはコンスタントに20匹近く掛けていた。今後、水温低下とともに群れがばらけ、場所むらがなくなってよく掛かるようになるという。
 ▼料金 大人1日券3000円、午後半日券2000円、女性同2000円、同1000円、高校生1000円(半日券の設定なし)、中学生以下無料。午前10時、午後1時に放流(1人あたり約1キロ)。釣り量制限は大人1日券20匹、半日10匹、小学生以下5匹。各種禁止事項あり、ホームページや現場で確認を。午前8時〜午後4時営業、無休。日本ライン漁協=(電)0574(25)1501
北方マス釣り場
愛知県一宮市北方町
 北方マス釣り場(愛知県一宮市北方町)はルアー・フライ専用で人気が高い。河川敷にトレーラーを使った受付事務所があり、横には釣り具一式を貸し出すタックルカーが並ぶ。高さ138メートルの展望タワーがランドマークでバラも咲く庭園もある国営木曽三川公園138タワーパークも近い。
 3日は放流場所の仕切り網横に陣取った若者グループが25センチ前後のニジマスを入れ掛かりさせていた一方、人混みを避けて釣っていた親子連れは「初めてきたがこんなに人が多いとは…。息子が5、6匹ヒットさせたので良かった」と父親。
 ▼料金 大人1日3000円、午後券2000円、中高生同1500円、同1000円、小学生同1000円、同500円。貸し道具1700円(うち保証金1000円)。午前8時〜午後4時営業、無休。木曽川漁協=(電)0586(87)3222
月見ケ原フィッシングセンター
岐阜県美濃市横越
 月見ケ原フィッシングセンター(岐阜県美濃市横越)もニジマスを放流して狙うルアー・フライ専用釣り場。開幕に備え20センチ級主体に30〜40センチ級やアルビノを250キロ放流した。今後は1人あたり1キロ見当で午前中に放流していく。
 ▼料金 大人2500円、女性・小中学生1500円。持ち帰りは1人10匹まで。午前7時〜午後4時営業、無休。無料駐車場、仮設トイレあり。長良川中央漁協(電)0575(33)1203
NEOGAWA管理釣り場
岐阜県揖斐川町
 NEOGAWA管理釣り場(岐阜県揖斐川町)は、谷汲山大橋下流右岸約200メートル区間の根尾川に初設置した。ニジマスを放流するルアー・フライ専用釣り場。フライ優先ゾーン、子供専用ゾーンも設けた。開幕に備え20〜30センチ主体に40センチ交じりで240キロを放流した。3日は約80人が訪れ、3ケタヒットさせた人がいたという。バーブレスフックのみ使用可。ワーム、ラバージグ、ソフトルアー、集魚剤禁止。放流は土日主体に魚影を見ながら不定期にしていくという。
 ▼料金 男性1日券3000円(10匹まで持ち帰り)、4時間券2000円(同6匹まで)、女性・高校生1日券2000円(同6匹)、4時間券1500円(同5匹)、中学生1日券1500円、(同5匹)、4時間券1000円(同3匹)、小学生以下1日券800円(同3匹)、4時間券500円(同2匹)。午前9時〜午後4時営業、不定休。無料駐車場、仮設トイレあり。根尾川筋漁協(電)0581(34)2251

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ