本文へ移動

当事者だからこその介護を 愛知・幸田のALS男性、訪問事業起業

2021年11月16日 05時00分 (11月16日 05時01分更新)
「障害者が胸を張って生きられる社会にしたい」と訪問介護事業への意気込みを語る男性=愛知県幸田町で

「障害者が胸を張って生きられる社会にしたい」と訪問介護事業への意気込みを語る男性=愛知県幸田町で

 全身の筋肉が弱っていく難病「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」を患う愛知県幸田町の男性(44)が、訪問介護事業を立ち上げ、十月からサービスを始めた。「いけちゃん」の名でユーチューバーとして活動し、自身も介護を受ける。「障害者の自分だからこそ分かることがある」と、スタッフにきめ細かく指示を出す。
 きっかけは自らの介護の先行きに不安が生じたことだった。二〇一五年にALSと診断されたが、今年四月に介護で頼っていた母親(70)の体調が悪化した。面倒をみてもらえる人がいなくなった場合、自分はどうなるのだろうか。「子どもはまだ小さく手がかかる。妻に全てを頼むのは難しい」と、日常生活に必要なサービスを受けられる重度訪問介護の利用を考えた。
 ケアマネジャーを通じ、こうした希望を町に伝えたところ、...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

社会の新着

記事一覧