本文へ移動

ジャニーズWEST小瀧“飯テロ宣言”人気漫画初の実写化『鹿楓堂』主演「夜中に見たら太ってしまいそうになるくらい危険」

2021年11月16日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
原作コミックの書影㊨の雰囲気を再現し、主人公のスイになりきる小瀧望

原作コミックの書影㊨の雰囲気を再現し、主人公のスイになりきる小瀧望

 アイドルグループ「ジャニーズWEST」の小瀧望(25)が、来年1月スタートのテレビ朝日系連続ドラマ「鹿楓堂(ろくほうどう)よついろ日和」(土曜午後11時30分)に主演することが15日、分かった。
 「月刊コミックバンチ」で連載中の清水ユウさんの同名人気漫画を初めて実写化。都会の片隅にたたずむ古民家風の和風喫茶店「鹿楓堂」が舞台。店主でお茶担当のスイ、料理担当のときたか、スイーツ担当の椿、コーヒー担当のぐれの4人が、悩みや寂しさを抱えてやって来る人々との交流を通して自らの課題と向き合い、おいしい料理やスイーツ、心地よい距離感とさりげないおもてなしで、極上の癒やしタイムをプレゼント。いつの間にかお客さんの心とおなかを満たしていく。
 亡き祖父の跡を継いで鹿楓堂の店主となったスイこと東極京水(とうごく・きょうすい)役の小瀧は約2年ぶりのドラマ出演となる。昨年は主演舞台「エレファント・マン」で「第28回読売演劇大賞」の優秀男優賞と、新人賞にあたる杉村春子賞を同時受賞。今年も主演舞台「検察側の証人」で、進化し続ける演技力を証明した。
 スイは着物に身を包み眼鏡をかけ、物腰が柔らかく凛(りん)とした店主かと思いきや、時に天然ぶりを発揮し、料理能力に至っては絶望的。溺愛中の看板猫・きなこをモフる際は突然キャラ変し、デレデレ変態モードになってしまうという役どころだ。
 「原作を読ませていただいたんですが、夜中に見たら太ってしまいそうになるくらい危険な(笑)、おいしいご飯やスイーツがたくさん出てくる本当に楽しい作品だと思いました」と感想を語った上で「今はまだ、着物に袖を通してメガネを選び、『いよいよ始まるんだな…』とウキウキ、ドキドキした気持ちになっているところですが、2022年一番の“癒やし系飯テロドラマ”になるのではないかと思います。僕自身、2年ぶりのドラマで緊張していますが、頑張りますので、ぜひご覧ください!」と呼びかけている。
 ○…小瀧が所属するジャニーズWESTの新曲「黎明(れいめい)」がドラマの主題歌に決定した。小瀧は「夜明けという意味にふさわしい、何かが立ち上がってくるような感じのする曲で、僕は、『一緒に明るい未来に向かって行こう』というメッセージを感じました。壮大なものが立ち上がってくるようなメロディー、そしてストレートな歌詞…自分たちの曲なんですけれども、すごく心に響くと思います。傷ついた人や悩んでいる方の問題を解決に導いていくというドラマの内容ともリンクしていると思うので、早く本編の映像に載せて曲を聴ける日が来てほしいです」と語った。
 ▽原作者・清水ユウさん「誰でもふらりと立ち寄ってほっとくつろげる居場所があったら」と思って作品を描いていましたが、今回ありがたいことに実写化となり、鹿楓堂が実際に現れて、そこでみんなが動き回りお客さんがくつろぐ様を見られるなんて、なんだか夢のようです。小瀧さんが店主のスイを演じてくださると聞き、とても雰囲気に合うのではとうれしく思いました。どんな風に仲間と暮らし、お客さんと向き合い、猫をモフるのか本当に楽しみです」

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ