本文へ移動

分かりやすい記事 学ぶ 大垣・綾里小 4年生が新聞作り

2021年10月30日 05時00分 (11月15日 18時04分更新)

校外学習の写真を見ながら記事を書く児童たち=岐阜県大垣市綾里小で

 岐阜県大垣市綾里小学校で二十九日、新聞製作を学ぶ授業があった。四年生十八人が校外学習の体験を基に自分の新聞作りに挑戦した。
 児童たちは二十七日に社会科の校外学習で大垣市クリーンセンターを見学。ここで見聞きしたことを振り返る機会にしようと、総合的な学習の時間で新聞作りに取り組んだ。
 中日新聞社NIE事務局のコーディネーター、佐野恵子さん(62)が講師を務め、逆三角形を意識して大事なことから記事を書いていくなど、新聞記事の書き方を紹介。より分かりやすい記事にするために「数字や話し言葉を入れてみて」と助言した。
 児童は何を書くか悩みながらも、校外学習の写真を見て振り返りながら新聞記事を仕上げ、見出しを考えた。一柳実優(みゆ)さん(10)は「見出しを考えるのが楽しかった。作った新聞を家族に見てもらいたい」と笑顔を見せた。(成田はな)
(10月30日付 中日新聞朝刊西濃版より)

関連キーワード

おすすめ情報