本文へ移動

東海市で倉庫全焼、名古屋の書籍入荷とまる

2021年11月15日 11時56分 (11月15日 13時04分更新)
炎を上げて燃える倉庫=14日午後10時34分、愛知県東海市神宝町で

炎を上げて燃える倉庫=14日午後10時34分、愛知県東海市神宝町で

 14日午後8時半ごろ、愛知県東海市新宝町の工場や倉庫などが立ち並ぶ一角から出火。マルゼン流通加工倉庫の鉄筋平屋倉庫が全焼し、隣接する岡山県貨物運送名古屋南支店の屋外にあった木材などを焼き、約12時間後に鎮圧した。けが人はなかった。
 県警東海署や消防によると、通りかかった男性から「黒煙が上がっている」と一一九番があった。倉庫ではじゅうたんや寝具を保管していた。現場は伊勢湾岸道東海インターチェンジから北西に約1・3キロで、工場や物流倉庫などが立ち並ぶ一帯。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報