本文へ移動

<発掘!中信> お六櫛、「途絶えさせない」 移住の中村清夏さん

2021年11月14日 05時00分 (11月14日 15時12分更新)
木祖村に移住し、お六櫛作りを学ぶ中村さん=木祖村のお六櫛伝承工房で

木祖村に移住し、お六櫛作りを学ぶ中村さん=木祖村のお六櫛伝承工房で

  • 木祖村に移住し、お六櫛作りを学ぶ中村さん=木祖村のお六櫛伝承工房で
  • 中村さんが制作したお六櫛
 木祖村の伝統工芸品「お六櫛(ろくぐし)」の技術を学ぼうと、金沢美術工芸大(金沢市)を卒業した中村清夏さん(25)が4月から、村の職人らに指導を受けている。くし作りを生業にするのは村内でわずか3軒。担い手不足が課題となる中、「技術を途絶えさせてはいけない」と奮闘中だ。 (戸田稔理)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

長野の新着

記事一覧