本文へ移動

【サッカーW杯最終予選】冨安「たまたま負けたわけじゃないと感じた」とオマーンを警戒

2021年11月13日 19時48分

このエントリーをはてなブックマークに追加
冨安健洋

冨安健洋

 サッカー日本代表は13日、2022年W杯カタール大会アジア最終予選B組第6戦のオマーン戦(キックオフは日本時間17日未明)に向け、開催地の敵地・マスカットで調整した。
 DF冨安健洋(23)=アーセナル=は最終予選3度目のゼロ封を誓った。0―1で敗れた前回対戦時はアーセナルへの移籍手続きで不在だったが「たまたま負けたわけじゃないと感じた。戦術が浸透しきっているという感覚」とオマーンを警戒した。
 今夏以降、重圧も注目度も高いプレミア最高峰のビッグクラブでもまれ、自信を深めている様子。冨安は「後ろがゼロに抑え、チームを安定させることを求めてやりたい」と風格を漂わせた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ