本文へ移動

復帰の堂安律、5戦4得点の攻撃陣切り札に名乗り 「活を入れたい」【サッカーW杯最終予選】

2021年11月13日 19時11分

このエントリーをはてなブックマークに追加
堂安律

堂安律

 サッカー日本代表は13日、2022年W杯カタール大会アジア最終予選B組第6戦のオマーン戦(キックオフは日本時間17日未明)に向け、開催地の敵地・マスカットで調整した。
 ◇   ◇
 けがから復帰したMF堂安律(23)=PSVアイントホーフェン=が、最終予選5戦で4得点と低調な攻撃陣の「切り札」に名乗りを上げた。ドリブルが武器のレフティーは「活を入れたい。勝てばいいけど、勝つだけじゃ駄目。少し難しいような(チームの)雰囲気も変えていく」と自信をにじませつつ豪語した。
 10月のサウジアラビア戦直前に左膝を負傷してチームを離れた。プロ人生で初の大けがだった。不慣れなリハビリに懸命に取り組みながら、自らの内面に向き合うと「心が整った。体は大事だけど、それを動かすのは頭であり心」。遊び心と闘争心という堂安らしい“初心”を取り戻した。
 ベトナム戦(11日・ハノイ)は出番がなかった。ベンチで勝利に安堵(あんど)はしたが「手放しで喜べない内容」「単調な攻撃」「勢いがない状況」と手厳しく振り返った。
 チームの力になれないもどかしさ、悔しさは逆襲の原動力にほかならない。オマーン戦に向け「同じ相手に2回も負けられない」と堂安。心身の充填(じゅうてん)は完了。静かに、でも力強く燃え盛っている。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ