本文へ移動

【阪神4R新馬戦】武豊「ダートの長距離があっているんじゃない」ジュタロウぶっちぎり大差勝利に能力べた褒め

2021年11月13日 13時34分

このエントリーをはてなブックマークに追加
武豊

武豊

 阪神4Rの新馬戦(ダート1800メートル)ジュタロウ(牡2歳、父アロゲート、母ボダシャスベイブ、栗東・河内)が向正面3番手から3角過ぎて抱えたまま先頭。4角から直線にかけて持ったまま後続をぶっちぎり、大差勝ちした。
 武豊は「強いね。ダートの長距離があっているんじゃない。スタミナが半端ないね。将来が楽しみ。時計も速かった。ちょっと気性が前向きすぎるけどね」と、馬の能力を手放しで褒めた。河内師は「外から絡まれたからきついかと思ったが。もう少し楽な競馬できていたらもっと強かったやろ」と、目を細めた。今後はダート路線を歩む見通しだ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ